西暦について

MENU

西暦について

現在は西暦2016年ですが、考えてみれば2016年前というのは想像できませんし、2000年以上前というのは想像を絶する世界です。

 

それでも、どんな時代だったのかもすごく興味深いですし、今とは全然違う時代も見てみたい気はします。西暦という呼び方以外にも様々な言い方はあるのですが、西暦は変わることがないはずなので、そういう部分でもわかりやすい呼び方ではないでしょうか。

 

明治・大正・昭和・平成のように変わらないので、西暦何年と言う言い方は良いですね。この呼び方が変わることがいつか来るかもしれないですが、できれば西暦何年という言い方はこれからも続いてほしいです。私は西暦1984年生まれですが、1984という数字はけっこう気に入っていますよ。

意外と知らない西暦のことについて

歳を表記する際に西暦を用いる方が多いかと思いますが、意外とこの西暦に関して知らないことが多いかと思います。

 

西暦とはイエスキリストが生まれた歳の翌年から数えられているとされている世界で最も使用されている紀年法です。たまにADという表記を見かけることがあるかと思いますが、これはアンノドミニという言葉を略したものです。アンノドミニというのはラテン語で主の年にという意味で、主と言うのは勿論キリストを指しています。

 

ちなみに平成何年といったような表記は和暦というものでこちらは日本独自の紀年法です。昨今西暦で示されることが増えていますが、歴史との結びつきなどが思い浮かびやすいといった点もあり和暦も変わらず併用されています。
西暦が生まれた背景などを知るとより興味深く歳を数えられるかもしれませんね。